脳内幸福度解体自己分析

人生で辛い事や。

幸せな事。

どちらも経験するように人間は出来ている。

幸せや不幸の度合いは、大きさはそれぞれだけど、

どちらも経験が無い人はいない。

出来ることなら、

面白おかしく楽しい日々が、

わんさかあれば良いと思う。

けれども、

そんな祭りのようなことが続いたとしても、

人はいつか幸せにも慣れ、

凡庸なものに変えていく。

なんて皮肉なんだろう。

幸せも、ある種の不幸や不運で味つけられて、

クリアに幸せは浮かび上がり、

いつしか幸せな思い出は、

シャボン玉のように消えていくのかね?

まあいいや、

今日は心がポキッと折れそうで大変でした。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。