「人の心がわかる」という人が苦手と思っていた。その裏にある気持ちとは?

 

 

初めてバイトをした頃だと思う。

面接を担当したちょっと偉そうな人が、

自慢げに私に言い放した言葉があった。

「俺は、たくさんのニンゲンを仕事を通して見てきたから、ニンゲンの心がわかるんだよ」と。

それを聞いた瞬間、浅はかすぎて鳥肌がたった。

あなたに人の気持ちなんて、

全くわかるはずないよ。

と、

心の中で悪態をついた。

そして、馬鹿みたいな声で、

「すごーい」

と、無感動にその偉そうな人に言い放したことがあった。

それからの人生。

色々な人々が、こういうことを言う場面に出くわすことになるけれど、

やっぱり、人の心って言うものは、わからないよね。

というか、

わかったつもりでいると、

大きなしっぺ返しがやってくる。

わかったつもりは、

全てにおいて狭いシステムで人を判断してしがちになる。

それは危険なことだと思う。

自分の創造性や、成長もなくなってしまうことになる。

決めつけてかかると、どんどん狭まっていき。つまらない人間になる。

 

昔、河合隼雄と言う心理学者がいた。

その人の本に、

人の心を覗けば覗くほど、人の心はわからない。

人の心がどれだけわからないものかを知っているものが、心の専門家というようなことが書いてあった。

私は、心の専門家ではないけれど、

どれだけ人の心がわからないのかということを、

知りたいと思う今日この頃です。

でも、

それはかなり、怖いことでもありますね。

なぜ、怖いことを知りたいんだろう?

それは、そこに「愛」が潜んでいそうだからだ。

実はわたしは、密かに愛に飢えているんじゃないか?と、

やっと生きていることを50年重ねてみて、白状せねばなるまい。

何かを求めることは、何かを失い続けること。

それがわたしの生きる道標なのかもしれません。

ふっ、なんか…わたしまじめだな。苦笑

 

 

投稿者: Aomameblue

こんにちはみなさま!わたしの名前はあおまめだと申します。 このブログへ遊びに来てくれてありがとう。 愛猫のペルシャ猫シロくんと50女の毎日の雑記記録です。 食べること、料理、絵を描いたり、本を読んだりすることが大好きです。 たわいもない内容ですが、よろしくね。 Hi everyone, thanks for visiting in my blog. My name is Aomameda and I live around Tokyo Japan with Shiro-kun(that is my own cat) This blog is my dairy life memo. I love drawing, cooking, reading, writing and petting cats. My own cat''Shiro'' and I will take you around my small world and in my mind. Sorry, I have been studying English for ages but it's not perfect enough!!

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。