一瞬の三分の一時間と、自分の孤独よりも大切なことに気付いた。

このコロナ禍になって、

世界中の人々が悲しんだり苦しんだりしている。

わたしもちっぽけだけど、

苦しんでいるひとりだと思う。

独り身のわたしは、

王子のような愛猫シロくんが一緒に居てくれるけれど、

1番苦しく感じることは、孤独感です。

この魔物は、

ひとりひとりの心に巣を作って住み着いているものらしいです。

コイツの存在を感じない人間はいないらしいですが…、

うまくかわして乗りきろうと思います。

まあ、

それでも毎日は怒涛のように過ぎてゆくんですけれどね。ははは

ほんの僅かな友人と、

仕事で出会うバイトさんや同僚が唯一の心の灯りのようです。

ひと月に一度だけ会う友人がいるのですが、

その友人と昨日会いました。

コロナ禍なので会うのは一瞬なんですけれどね。

具合が悪そうな友人。

待ち合わせの駅で見かけたとき、

げっそりしていました。

でもそんなことは言えないので、黙っていました。

軽く一緒に歩くと、

足が痛くて歩けないというので、

一緒になって休みました。

もしかしたら持病が疼いているのかも!

と言い出す友人。

コロナの予防接種2回目を1週間前に終えたことが原因かもしれない。

そんな仮説をスマホの検索でみつけたようでした。

友人は、

「ごめん、これから病院へ行きます」

ということで、

いつもの一瞬の三分の一ぐらいの時間で、

わたしの元を友人は離れていっちゃいました。

残されたわたしは、

自分の孤独感以上に友人の足が心配です、

どうか、

どうか

足の痛みが治まっていますように。



にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村

投稿者: Aomameblue

こんにちはみなさま!わたしの名前はあおまめだと申します。 このブログへ遊びに来てくれてありがとう。 愛猫のペルシャ猫シロくんと50女の毎日の雑記記録です。 食べること、料理、絵を描いたり、本を読んだりすることが大好きです。 たわいもない内容ですが、よろしくね。 Hi everyone, thanks for visiting in my blog. My name is Aomameda and I live around Tokyo Japan with Shiro-kun(that is my own cat) This blog is my dairy life memo. I love drawing, cooking, reading, writing and petting cats. My own cat''Shiro'' and I will take you around my small world and in my mind. Sorry, I have been studying English for ages but it's not perfect enough!!

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。