その2 カラスとわたしといろんな想い(クレイジーなイケメン編)

あれは、

わたしがまだ二十代のころの話です。

(😅遠い昔じゃ)

東京23区外のとある大きな公園の近くに住んでいました。

公園の緑の木々と弁天堂があり、

周囲はまあまあ高級住宅街といったところでした。

わたしは!といえば、

住んでいたアパートは、

そんな環境とは似つかず、

ひとつポツンとあった小さなアパート。

風呂無し二間で、

確かひと月五万円もいかない部屋でした。

その頃はちょうどアルバイトを探していて、

けっこう暇を持て余していたわたし。

季節は秋、

公園の木々の紅葉が🍁美しくて、

朝公園へ通い、スケッチブックと固形の水彩絵具を持って、

絵を描きに行っていました。

公園の自販機で紙コップで注がれるコーヒーを一杯買って、

それを飲みながら絵の構想を考えて、

飲み終えた紙コップを洗面所で洗って、

水彩絵具に使う水入れに紙コップを使いました。

美しい秋の紅葉を見ながら、

清々しい気持ちで絵筆を走らせていると、

ゴミ収集車が来ているわけではないのに、

カラスがいっぱい公園にやって来ていました。

はじめは気にもとめてはいなかったんですが、

ふと背後から声がしました。

「あのぉ、カラスお好きなんですか?」

わたしの目の前にカラスが一羽近くで止まっていたんですが、追い払うこともしないでいたのでした。

しかし、背後の声は誰でしょうか?

近所に知り合いもいないので、

ふと振り返ると、

怪しさと、気持ち悪さと、クレイジーさを備えたイケメンって絵で表現出来ない!でもこんなイメージ。

肩や腕に何匹もカラスをとまらせている年齢不詳な男…いやいや、

年齢だけじゃなくて、

世にも不思議な光景を背をった男が立っていました。

けっこうなズタボロの服装だけれど、

ボロボロ具合やカラスの取り巻きを抜かせば、

けっこうなイケメン男でした。(おしい💧)

わたしは言葉を失って、

ボーツと男とカラスに見とれていました。

男はまた、

「カラスっていいですよね」

なんてわたしに話しかけます。

カラスは嫌いじゃないけれどね。あははは 苦笑

あれから何十年も経ちますが、

かわいいフトバシカラスを見るたびに、

あのカラスの男を思い出します。

妙な条件反射。



にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村

投稿者: Aomameblue

こんにちはみなさま!わたしの名前はあおまめだと申します。 このブログへ遊びに来てくれてありがとう。 愛猫のペルシャ猫シロくんと50女の毎日の雑記記録です。 食べること、料理、絵を描いたり、本を読んだりすることが大好きです。 たわいもない内容ですが、よろしくね。 Hi everyone, thanks for visiting in my blog. My name is Aomameda and I live around Tokyo Japan with Shiro-kun(that is my own cat) This blog is my dairy life memo. I love drawing, cooking, reading, writing and petting cats. My own cat''Shiro'' and I will take you around my small world and in my mind. Sorry, I have been studying English for ages but it's not perfect enough!!

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。