うわさのセレブな病院 (子宮・卵巣全摘手術への覚え書き)

家から病院までは電車に乗って1時間以上もかかる。

通うとなるとけっこう遠い。

そんな病院へ私が通う理由とは?

約ひと月前、

職場で強烈な生理の激痛で倒れて、

この病院へ救急搬送された。

職場に一番近い大病院。

つまり自分が運ばれることが無かったら、

通うこともなかっただろう。

そしてもう一つ、

私とこの病院がしっくりこない要因は、

自宅から病院までの距離も遠いけれど、

もっと遠いのは、

知る人も知るセレブ病院だということです。

苦笑

わたしのような一般ピーポーが、

お世話になる病院では無い無い無い。

一応日本の医療システムや健康保険にのっとり、

治療費や検査にかかる費用は、通常の価格とほぼ同等だった。

どう言うところでお金を摂取されるかといえば、

ズバリ入院費だ!

病室は全て個室。

すごく綺麗で高級ホテル並み!

一番安い部屋でも一泊3万はかかる。

旅行でも一泊3万もするホテルや旅館ってそうそう泊まらないのにね私…ははは…汗

手術プラス入院費でかかる費用は、

一般に比べて2倍から3倍。

私のしぶーいしぶーい顔を察した先生と看護婦は、

ご自宅の近所の病院へ紹介状を書いてくれると言ってきた。

よくあることなのだろう…、

一般ピーポーが救急車に乗って運ばれるも、

高額な入院費で他の病院へ移ることが!

私も家の近くの病院を紹介してもらおうと思っていた。

ここでお金持ちそうな患者さんの人間観察もしたかったけれど❗️無理無理。

その話を笑い話みたいに母に話をしたら、

母は、

愚かで歳をとって貧乏な娘にため息を吐き、こう言った。

良い病院なのだから、今の病院の先生にお願いして手術を受けるべきよ❗️

母はボケてしまったのかと思った。

母は、なけなしの貯金から、

私へ手術と入院にかかるお金が入った封筒を渡してくれた。

独身50の娘のために、(oh my gosh!)

「必ずお金は返すんだよ❗️」

母もそうそうお金が返るまでボケないつもりらしい。

「はい、生きて帰って、馬車馬のように働いて返すよ!」

私はお礼を言って、今の先生に手術をお願いすると決めた。

本当に自分に情けなく、

でもこの手術は頑張ろうと思った。

頑張って、手術台に寝転び、

まな板の上の鯉のように。

手術は嫌だけれど、

セレブ病院の入院が楽しみデス。

るん♪(強引にポジティブ)

投稿者: Aomameblue

こんにちはみなさま!わたしの名前はあおまめだと申します。 このブログへ遊びに来てくれてありがとう。 愛猫のペルシャ猫シロくんと50女の毎日の雑記記録です。 食べること、料理、絵を描いたり、本を読んだりすることが大好きです。 たわいもない内容ですが、よろしくね。 Hi everyone, thanks for visiting in my blog. My name is Aomameda and I live around Tokyo Japan with Shiro-kun(that is my own cat) This blog is my dairy life memo. I love drawing, cooking, reading, writing and petting cats. My own cat''Shiro'' and I will take you around my small world and in my mind. Sorry, I have been studying English for ages but it's not perfect enough!!

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。